バイク買取と走行距離との関係

バイク買取サービスで高く売るための条件として、走行距離が少ないという点があります。
一般的に、オートバイは走行距離が50000キロを超えると買い替えを検討する人が多くなります。

もちろん、走行距離50000キロ未満であっても、事故や故障、別のバイクが欲しくなってしまったなどの理由で買い換えるライダーはいますが、乗り換えの目安としては50000キロという数字が一つの基準となるでしょう。



バイク買取の査定においても、走行距離は非常に重視される項目の一つです。


走行距離が1000キロ未満のオートバイは、どこのバイク買取店に持ち込んだとしても、かなり高い査定額が提示されることは間違いありません。しかし、走行距離が50000キロを超える車体であっても、しっかりとメンテナンスさえされていれば、まだまだ長い距離を走行できるものです。

Girls Channel関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

実際に、走行距離が10万キロを超えているのに、現役でバリバリと走っているオートバイは全国に何百台とあります。

その反対に、購入してからまだ1〜2年しか経っておらず、走行距離も20000キロに満たないのに、無茶な乗り方をしたりメンテを全然していないため、ボロボロになっている車体もあります。常日頃から部品の交換を行って、不具合が生じてもすぐに修理してきたオートバイは、バイク買取でも高く評価されますので、いつかオートバイを売ることを考えたときに、こまめに修理や点検・メンテをしておくとよいでしょう。